JAみな穂 代表理事組合長
細田 勝二

 新年明けましておめでとうございます。
組合員の皆様には、素晴らしい新年を迎えられた事と心からお慶び申し上げます。
農業・農協を取り巻く環境は年々厳しさを増しています。昨年の米においては3年前に匹敵する猛暑となり心白粒が発生、そして刈取り適期の台風接近によるフェーン現象で胴割粒の発生を招いたことが追い討ちをかけ、管内コシヒカリの一等米比率は57.4%という低水準となりました。JAでは原因の究明と対策について全力で取り組んでいる次第であります。
また、国は平成25年産米の生産数量目標を前年比2万トン減の791万トンに決定いたしましたが、地力作物の圧縮や、備蓄米と米粉用・輸出用米の生産に取り組むことで管内の転作面積は前年並みに抑えることができると想定しております。
TPPをめぐる情勢も予断を許さない状況となっております。昨年11月の第45回富山県農協大会では改めて組織を挙げてのTPP交渉参加断固阻止を決議いたしました。昨年12月の衆議院解散総選挙により自由民主党に政権交代いたしましたが、今後も政府の動向を慎重に見守っていく必要があります。
この様な情勢の中、支店再編を行い、本年4月15日から入善地区3支店とあさひ支店の4支店体制といたします。出向く体制の構築を進め、皆様のニーズに合った商品のご提案やアフターフォローの充実を図って参りますので、組合員・利用者の皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。
また、本店敷地内のLPガス充填所跡地に新しい直売所「JAみな穂農産物販売加工施設」の建設に着手し、4月中旬のオープンに向けて準備を進めております。地産地消の促進、地域の活性化を進め、農家世帯の所得向上に少しでも貢献したいと考えております。皆様のご利用と、農産物の出品をお願いし、新施設運営にご協力をお願いする次第であります。また皆様のお知恵をお借りしながら、JAの新しい顔となるような「みな穂ブランド」の誕生にも力を入れていく考えであります。
今後も役職員一丸となって地域農業・農協の発展に努めていく所存でありますので、組合員皆様のご指導ご鞭撻を心からお願い申し上げます。
結びにあたり、組合員皆様のご健勝ご活躍をお祈りいたしまして年頭のご挨拶とさせていただきます。

 

初春のおよろこびを申し上げます

平成二十五年 元旦

代表理事
組合長
細田 勝二      
専務理事 
常務理事 
理  事 
理  事 
理  事 
理  事 
理  事 
理  事 
理  事 
理  事 
理  事 
理  事 
理  事 
酒井 良博
大村 隆一
金山 實桿
中野  忍
本田  齊
大澤 輝夫
弓野 良子
永田 治幸
青木 基一
林  千恵子
紺田 与規一
廣田  誼
島瀬  登
  理  事 
理  事 
理  事 
理  事 
理  事 
代表監事 
員外監事 
常勤監事 
監  事 
監  事 
監  事 
参  与 
外   
谷口 忠勝
長谷 一司
小路 正三
住吉 一久
西川 信一
谷口 昌旦
岩井 哲雄
愛場 和雄
高島 幹夫
塚田 敏郎
金森 直司
森下 和紀
職員一同

 

▲このページのトップへ

Copyright © 2013 JA Minaho.All Rights Reserved.