営農教室

 農業収支を計算し、申告の準備をしましょう。
 主な改正点はありませんが、減価償却費の計算に注意しましょう。

収入金額

販売金額

 米やくず米、農産物の販売金額を記入します。

家事消費金額

 家庭での消費や親戚などに渡した米などを計上し記入します。
地代を米で渡した場合も同様に記入します。
米の単価は左表を参考に計上して下さい。

雑収入

 戸別所得補償や地域営農とも補償、作業受託料などを計上します。

必要経費

小作料・賃借料

 農地賃借料や作業委託料を計上します。

租税公課

 農業関係の税金、拠出金等を計上します。
固定資産税や自動車税・任意保険などは農業の使用割合を掛けて計上します。

種苗費

 種籾や床土代、苗代金を計上します。

肥料費

 販売した農産物の生産に使用した肥料代金を計上します。

農具費

 10万円未満で購入した農機具代金を計上します。

農薬・衛生費

 販売した農産物の生産に使用した農薬代金を計上します。

諸材料費

 販売した農産物の生産に使用した資材代金を計上します。

修繕費

 農業に関する機械等の修繕費を計上します。ただし、一回の修繕で60万円を超えた場合は減価償却の対象となります。

動力光熱費

 農業に使用した電気代や燃料代を計上します。軽自動車のガソリン代は農業での使用割合を掛けて計上します。

作業用衣料費

 農業に使用した作業着や長靴などを計上します。

農業共済掛金

 農産物共済掛金や農業用施設の火災共済の掛金を計上します。

荷造運賃手数料

 米検査手数料(米出荷時に支払)、米集荷運賃を計上します。

土地改良費

 各土地改良区に支払った賦課金等を計上します。

雑 費

 営農取引報告利用料など農業に関する諸経費を計上します。

減価償却費

 10万円以上で購入した農業機械や施設等は、耐用年数、償却率を参考に計算し必要経費額を計上します。
平成19年3月以前、4月以降に取得した場合、計算方法が違いますのでご注意下さい。

【平成19年3月以前の取得】 取得価格×90%×償却率
95%まで償却し残り5%を5年間で1円まで均等償却

【平成19年4月以後の取得】 取得価格×100%×償却率
1円まで均等償却

『JA営農取引報告書』を活用しよう!

営農取引報告書とは、農業収支申告に必要な収支内訳書等の作成を行う支援システムです。
【仕訳項目の留意点】 
・みな穂農協貯金口座を利用した取引が仕訳されます。
・クレジットカード等の利用は正しく仕訳されません。
・租税公課や動力光熱費など家計費分も合算されます。
仕訳項目は修正や追記ができますので、正しい申告ができます。

【利用料金】 1,050円/年
申込・お問い合わせは、各支店営農指導員または営農センターへお問い合わせ下さい。

 

 

▲このページのトップへ

Copyright © 2013 JA Minaho.All Rights Reserved.