あいさい広場…命名の由来

 「あいさい」は漢字で書くと「愛菜」。JAみな穂管内の土壌で愛情を込めて育てた野菜を販売する場として、また地域住民に愛される集いの場となって欲しいという思いが込められています。みなさんのご家庭で振る舞われる「愛妻」料理の材料をこの「あいさい広場」でご調達ください。入善町椚山の谷口倫子さんの応募作品を基に決定いたしました。

 

 みなさん、お待たせいたしました!JAみな穂の新しい直売所、「みな穂 あいさい広場」がいよいよ5月23日にオープンいたします。
地場産農畜産物や特産加工品の品揃えがグーンとアップして、より買い物が楽しめる売り場になっています。
外側の回廊では各種イベントや特売が行えるようになっていますので季節に応じた様々な楽しみ方が出来ます。
店舗内部には交流広場があり、軽いお食事や休憩が出来るようにもなっています。
みなさん、ぜひ一度ご来店頂き「みな穂 あいさい広場」をご体験下さい!

広い売り場

 「みな穂 あいさい広場」は現在営業している農産物直売所に比べて、約2・5倍(176平方メートル)の売り場面積があります。今まで、過密な状態で並べられていた農産物が種類別など各種カテゴリー別に陳列でき、お目当ての商品が見つけやすくなります。
通路の幅も確保できるのでゆったりと買い物を楽しむことができます。レジも2台に増やしますので以前ほど会計で待たされることがなくなり、快適な買い物ができます。
専用の駐車場を整備し、お客さま入口と生産者の搬入口を分けましたので、駐車場の混雑が緩和されます。

南側の生産者搬入口。出荷をする生産者はこちらからバックヤードへ

目玉の特産加工品

 JA管内では入善ジャンボ西瓜やあさひ柿のような元来からの特産品に加えて、「プラスワン大作戦」の推進により、桃・サトイモ・ブルーベリー・ウコン・プチヴェールなどの様々な特産品が生まれつつあります。
あいさい広場では、これらの特産品をいつでも味わえるよう加工品の品揃えを充実させます。黒豆茶や入善ジャンボ西瓜サイダー、桃ジェラートなど既存の商品はもちろん、ウコンみそ汁などのウコン関連商品、サトイモや黒豆茶、各種の果物を使ったソフトクリームの販売も予定しています。

主要食品の充実

 毎日の食卓に欠かせない食品を充実いたします。ジャガイモ・ニンジン・玉ネギ・キャベツ・ナスなど消費の多い野菜はもちろん、珍しい品種の野菜も取り揃える予定です。
管内で生産していない牛乳、卵、豚肉などは近隣の農協・企業と提携して確保する考えです。
魚介類は管内の漁業協同組合と連携して取り揃えます。また、Aコープ商品を活用して洗剤・ゴミ袋・乾電池などの日用品や調味料・酒・ビールを充実させ、あいさい広場に来れば欲しいものがなんでも手に入るような品揃えを目指します。

 「みな穂 あいさい広場」は使いやすさの向上を目指し、閉店時間を午後6時までとします。また土曜・日曜・祝日も休まず営業いたします。
古黒部発の送迎バスはもちろん、舟見・野中から南部支店行きもルートを延長し、あいさい広場(中央支店)までの運行としていますので、移動手段にお困りの方もぜひJAみな穂の新しい直売所「みな穂 あいさい広場」をご利用下さい。

▲このページのトップへ

Copyright © 2013 JA Minaho.All Rights Reserved.