無数の水泡を持ち、みずみずしい印象とプチプチした食感で注目されている新感覚の野菜です。
 アイスプラントは南アフリカ原産の多肉植物で、地中のミネラルを吸い上げる吸塩植物と呼ばれています。
 栽培適温は5度〜 25度位で、日当たりの良い場所、水はけの良い場所を好みます。高温多湿の環境を嫌います。また、寒くなるにつれて生育が緩慢になっていきます。
●新野菜は「栽培方法が難しい。」と思いがちですが、アイスプラントはとても丈夫で育てやすい野菜です。
●高温多湿・高温を嫌います。夏場に栽培する場合は、遮光を施し直射日光を避けます。

播種時期

 露地栽培の場合は4月〜5月中旬頃か8月下〜9月下旬頃 ハウス栽培の場合は8月下旬〜5月下旬頃

畑づくり・播種

 化成肥料(窒素:リン酸:カリ=8:8:8)や葉菜肥料などを1uあたり100g まき、畑作りをしておきます。
多湿を嫌いますので、やや高畝にします。50〜60p 間隔で播種して下さい。また、マルチ栽培をおすすめします。
夏場、日差しが強い場合は、遮光などをしてあげると良いでしょう。

水やり

 土の表面が乾いたら与える程度。

塩水を与えよう

 アイスプラントは、塩水を与えるとプチプチとした水泡が葉や茎に現れ、生育が旺盛になります。 海水と同程度の濃度(3.5%)の塩水を株の根元に与えて下さい。塩水を与えて1〜2週間後ぐらいに、プチプチとした無数の水泡がアイスプラントの葉と茎に現れます。

収 穫

 わき芽を収穫します。次から次へとわき芽が出てきますので、どんどん収穫できます。
アイスプラント栽培に入善海洋深層水を使ってみるのも面白いかもしれません。

▲このページのトップへ

Copyright © 2013 JA Minaho.All Rights Reserved.