アブラナ科

〜見た目はカブですがキャベツの仲間です〜

 葉ではなく、カブのように球形に肥大する地際部分の茎を食べます。ちょうどカブが空中に浮いているような、面白い形に生長する野菜です。生でもおいしく、また煮崩れしにくいのでスープやシチューにも利用できます。

◎ 苗づくり

 種は1ヶ所に3〜4粒ずつ条間20p のスジまきにし、薄く覆土してたっぷり水をやります。
発芽したら苗間2p に間引きし、本葉1〜2枚になったら3号ポット(直径9p )に移植して育てます。

◎ 畑の準備

 植え付け2週間前に苦土石灰(uあたり100g )をまいてよく耕します。1週間前に元肥(uあたりN・P・K=10・6・7g )と完熟堆肥
3sを施し、よく混和します。

◎ 植え付

本葉5〜6枚になったら株間20p 、条間20p に植付けます。

 

◎追肥・土寄せ

 月に2回程度2株に1握りの速効性の窒素肥料を施し、その後、株元に土寄せをして倒伏を防ぎます。

◎管理

 球の下からでた葉は2〜3p 残して切り取り、上葉5〜6枚は残します。生育適温は15〜20度程度であり、乾燥に弱いので敷きわらやマルチをし、水切れにならないようにかん水しましょう。

◎収穫

 球の直径が5〜8p 程度になったら全株を引き抜きます。大きくなりすぎると繊維質が多くなり味が落ちるので注意しましょう。



▲このページのトップへ

Copyright © 2013 JA Minaho.All Rights Reserved.