JAみな穂 
代表理事組合長 細田 勝二

「みな穂ブランド」の確立を目指して

 新年明けましておめでとうございます。
 組合員の皆様には、素晴らしい新年を迎えられた事と心からお慶び申し上げます。
 農業およびJAを取り巻く情勢は全く先の見えない状況となっています。

混迷する農業政策

 安倍政権は「大胆な金融政策」「機動的な財政政策」「民間投資を喚起する成長戦略」という3本の矢によってデフレ脱却を目指し、実現しようとしています。
しかし、それとは裏腹に「TPP交渉」、「生産調整の段階的廃止」、「特定秘密保護法の制定」そして「農協改革」といった先の見通しがはっきりしない政策を次々と打ち出し、我々国民や農業関係者を惑わせています。

復活「みな穂米」!


今年こそは「みな穂米」の復活を

 この様な情勢の中、JA管内の主力品種であるコシヒカリの昨年の一等米比率は出穂後の猛暑による、白未熟粒の多発により、平成22年に次ぐ低い水準となってしまいました。我々はこの数字を真摯に受け止め、原因の究明に努めるとともに、各関係機関と連携し打開策を模索しているところであります。今年こそは胸を張って「みな穂米復活」と言える結果を出したいと考えておりますので、皆様のご理解とご協力を切にお願いする次第です。

 

渉外体制の充実


組合員宅を訪問する渉外係

 昨年4月に入善町の10支店を中央・西部・南部支店の3つに統合し、朝日町のあさひ支店を含めた4支店体制をスタートさせました。
組合員の皆様にはご不便、ご不自由をお掛けしておりますが、渉外係を組合員様のお宅に定期的に訪問させるなどし「出向く体制」の構築に力を入れております。また、一部の旧支店エリアから「あいさい広場」まで送迎車の運行を週2回行い、不便さの緩和に努めておりますので、それらのご理解をお願いするところであります。
昨年末からは朝日町、入善町の委託を受けて「買物弱者」の支援として、生活物資の宅配サービス「あいさい便」の運営もスタートさせました。こちらもぜひご利用ください。少しでも皆様のご不便の解消につながれば幸いでございます。

「あいさい広場」を情報発信の拠点に

 昨年5月には新しい農産物販売加工施設「みな穂 あいさい広場」をオープンさせていただきました。おかげさまで順調に売り上げを伸ばしているところであります。
今年もお客様と生産者様に「あいさい広場」を最大限にご活用いただき、皆様に少しでも潤っていただきたいと考えております。
さらに来年の北陸新幹線開業を見据え、管内農産物等のPRに関係機関と協力しながら力を注ぐ思いでおります。「あいさい広場」を拠点として町外、県外に地場産農産物、農産物加工品の情報発信に力を入れ「みな穂ブランド」の確立を進め、朝日町、入善町にも関東圏からの人の流れを呼び込みたい考えです。
今年も役職員一丸となって地域農業・農協の発展に努めていく所存でありますので、組合員皆様のご指導ご鞭撻を心からお願い申し上げます。
結びにあたり、組合員皆様のご健勝、ご活躍をお祈りいたしまして年頭のご挨拶とさせていただきます。


昨年5月にオープンした「あいさい広場」


来年開業を迎える北陸新幹線

初春のおよろこびを申し上げます

平成二十六年 元旦

代表理事
組合長
細 田 勝 二  

 

 

 
専務理事 酒 井 良 博   理  事 谷 口 忠 勝
常務理事 大 村 隆 一   理  事 長 谷 一 司
理  事 金 山 實 桿   理  事 小 路 正 三
理  事 中 野   忍   理  事 住 吉 一 久
理  事 本 田   齊   理  事 西 川 信 一
理  事 大 澤 輝 夫   代表監事 谷 口 昌 旦
理  事 弓 野 良 子   員外監事 岩 井 哲 雄
理  事 永 田 治 幸   常勤監事 愛 場 和 雄
理  事 青 木 基 一   監  事 高 島 幹 夫
理  事 林   千恵子   監  事 塚 田 敏 郎
理  事 紺 田 与規一   監  事 金 森 直 司
理  事 廣 田   誼   参  与 森 下 和 紀
理  事 島 瀬   登   職 員 一 同

 

▲このページのトップへ

Copyright © 2014 JA Minaho.All Rights Reserved.