メロンやスイカのような味がして、洋ナシのような食感のある果物(野菜)です。日本には1980年代に導入され、最近人気が高まりつつある作物です。
 ナス科の多年草植物ですが寒さには弱いので日本では一年草として栽培します。鉢植えにして屋内で管理すれば越冬も可能ですが、連作障害を避けるため挿し木で更新するのがおススメです。あいさい広場で苗をご用意しております!

植え方

 実生からも栽培できますが発芽率が悪く、先祖返りもあるので、苗を購入して育てます。日当たりがよく水はけの良い土地を選びましょう。鉢植えの場合は深くて大きい鉢を用意し、鉢底石を多めに敷きます。野菜用培養土に有機質肥料を混ぜておきます。

仕立て

 3本に仕立てます。草丈が15センチを超えたら、主枝1本と太い脇枝2本を残して、他の枝を切り落とします。その後も頻繁にわき芽が出ますので早めに取り除きます。

水やり

 過湿を嫌うので、葉がしおれかけてくるまで待ってから、たっぷりかん水してやります。果実が肥大してきたら糖度を増すためにさらにかん水を控えます。

害虫対策

 ペピーノはハダニ、アブラムシがつきやすい植物です。ハダニは水が苦手な虫ですので水やりの時は葉水も忘れずに。ふだんは霧吹きで吹き飛ばしてやります。

収 穫

 両性花なので自家結実しますが実つきをよくするために、筆などで人工授粉をします。たくさん結実したら、大きめの実を2、3個残して間引きします。
黄色く色付いてきたら収穫します。収穫して2、3日追熟させたら食べごろです。品種によって紫の縞がくっきりした頃、果実全体が紫になった頃が食べごろのものもあります。


▲このページのトップへ

Copyright © 2014 JA Minaho.All Rights Reserved.