明けましておめでとうございます。
 最近、お正月に外で遊ぶ子供たちはあまり見かけなくなりましたが、凧揚げ、羽根つきなどのお正月遊びには家族の幸せを願った様々な思いが込められています。

凧揚げ

「立春の季に空に向くは養生のひとつ」と言われたことから、昔から立春にたこ揚げが行われていました。
立春は旧正月に近かったため、正月遊びとして定着したものと考えられています。元々はたこが高く揚がれば揚がるほど子供が元気に成長するといって、男子の生まれた家が立春にたこを揚げていました。

福笑い

出来上がった顔はたいていおかしな顔になり、笑いが巻き起こります。笑いを呼ぶ縁起の良い遊びとして、正月に楽しむようになりました。まさに「笑う門には福来る」です。

羽根つき

おなじみの羽子板で羽根を打ち合う女の子の遊びです。羽根の芯にはムクロジ(無患子)の種を使ったことから、女の子の無病息災の願いが込められています。
羽子板には祓いや縁起の装飾が施されるようになり、武家の間で女の子の誕生した家に贈答されるようになりました。これが一般庶民に広がると、お歳暮として年末に贈られるようになり、お正月遊びとして定着するようになりました。

かるた

ポルトガルから伝わったトランプのようなカードゲーム(carta)が語源です。ことわざを使用した「いろはかるた」、百人一首が書かれた「歌がるた」など様々な種類のかるたがあります。「花札」もかるたの一種です。花札は江戸時代にかるた(カードゲーム)が禁止されたときに、その代わりに考案されたと言われています。
大人数で楽しむことができるため、自然と家族や親戚が集まる正月に楽しまれるようになりました。

独楽(こま)まわし

コマはその回転する姿から「お金が回る。」「頭が回る。」「仕事がうまく回る。」と言われます。また伝統的な独楽の彩色には赤(健康)・黒(力)・黄(富)・緑(豊作)・紫(高貴)が使われました。
一年中遊べるコマですが、縁起が良いということで一年の初めの正月に遊ぶようになりました。


▲このページのトップへ
Copyright © 2015 JA Minaho.All Rights Reserved.