JAみな穂 新役員紹介

 JAみな穂役員の任期満了に伴い、第11回通常総代会で新役員が選任され、引き続き開かれた組織役員会でJAみな穂の新体制が決定しました。

就任のごあいさつ


代表理事組合長 細田 勝二
(飯 野)

 組合員の皆さまには日頃から農協事業へご協力いただき厚く御礼申し上げます。
去る5月30日に開催いたしました第11回通常総代会におきまして、以下の候補者が役員に就任いたしました。
JAを取り巻く環境は厳しさを増しておりますが、役員一同職務を全うして参る所存でありますので、皆様のより一層のご指導・ご鞭撻をお願い申し上げます。
総代会終了後の組織理事会では私、細田勝二が代表理事組合長に再任されました他、専務理事には酒井良博理事、常務理事には大村隆一理事がそれぞれ再任されました。
組織監事会では代表監事に青木英雄監事、常勤監事には塚田敏郎監事が新たに互選されました。常勤理事全員の再任を承認いただきまして、より一層責任の重大さと期待の大きさを痛感しているところであります。
現在の農業情勢は、TPP交渉の問題、米価の下落による水田農業の問題、農協改革への対応など、困難な問題が山積しています。
TPPについては引き続き動向を注視し、「重要5品目が守られない場合は脱退も辞さない」という国会決議を守るよう関係機関に働きかけていくとともに、水田農業では集落営農組織設立や担い手農家の育成を支援して地域農業の形態を維持しつつ、飼料用米、輸出用米、備蓄用米の取り組み、園芸作物の振興などにより米価の維持と農業所得の増大に努めて参ります。
農協改革については今後3年余りが正念場と見ており、5年後には准組合員利用規制の問題が再浮上する恐れも十分ある中、JA自らによる自己改革が急務と感じております。
当JAはこれらの事を十分認識し、組合員皆様の所得増大が最優先と考え運営に努めて参りますので、皆様のより一層のご支援とご協力をお願い申し上げまして就任のごあいさつとさせていただきます。


▲このページのトップへ
Copyright © 2015 JA Minaho.All Rights Reserved.