二十日大根とも呼ばれるアブラナ科の野菜。消化酵素のジアスターゼを多く含みますので、食後に食べると消化が促進されます。
 プランターで手軽に栽培でき、サラダや酢の物などの家庭料理にいろどりを加えるのに重宝します。

種まき

土を被せて、まんべんなく水をやります。

プランターの種類や大きさは特に問いません。土も市販の野菜用培養土で大丈夫です。深さ2センチの植え穴をつくり、1ヶ所に種が重ならないように3粒ずつまきます。

発 芽

1週間ほどで発芽します。土の表面が乾いたら、水をたっぷりやりましょう。

間引き

葉が4枚になった頃、1つのまき穴のうち、1番元気の良い株を残して間引きします。
間引きした株はすぐり菜として食べられます。

収 穫

7~8週間で根が赤く膨らみます。根の直径が2、3センチになったら収穫できます。

 

栽培のポイント

ラディッシュは厳寒期を除いて1年中栽培できる野菜です。春まき(3、4月)と秋まき(8~10月)が最も適しています。
【病気】
丈夫な野菜ですが、まれに菌核病、白さび病、軟腐病などが発生します。適切な水管理や連作を避けるなどして予防しましょう。
【害虫】
アオムシ・アブラムシ類が発生します。発見次第、補殺します。周辺に害虫の多い圃場や雑草地があると被害を受けやすくなります。 

 


▲このページのトップへ
Copyright © 2015 JA Minaho.All Rights Reserved.