地場産調味料でおいしく地産地消

 夏の暑さは年々厳しさを増し、時折ニュースでも農作業中に熱中症で倒れて死亡する事故を耳にします。まだまだ続く暑い夏。熱中症を正しく理解して不測の事態に陥らないよう注意しましょう。
 熱中症の症状とその正しい対処法などについて、山本クリニックの山本雅康先生にお伺いしました。

Q.熱中症とはどんなものですか。

 熱中症とは暑さが原因で起きる身体適応の障害によって生じる体の異常の総称です。
症状については日本神経救急学会熱中症検討委員会が2003年に熱中症の概念を明確化するために症状を分類して表にしました。Ⅰ度はめまい、大量発汗、失神、筋肉痛、こむら返りといった症状が見られます。Ⅱ度は頭痛、嘔吐、体温上昇、倦怠感、虚脱感、血圧低下、頻脈など、Ⅲ度になると核心温度39℃以上、意識障害、痙攣発作などが見られます。Ⅲ度は重症で命の危険があります。

Q.どんな時にどんな人が発症しやすいですか。


寝苦しい夜は我慢せずエアコンを

 熱中症の発症においては温度だけでなく湿度や気流、輻射熱なども関与します。気温が低くても湿度が高いなど放熱が妨げられる環境下では熱中症発症の危険が高まります。
日本生気象学会が策定した「日常生活における熱中症予防指針」では気温だけでなく湿度も考慮したWBGT(※)を用いています。
高温環境下での激しい運動や重労働をすることの多い若年~中年男性は労作性の熱中症を発症しやすくなります。

日常生活における熱中症予防指針
温度基準(WBGT) 注意すべき生活活動の目安 注意事項
危険(31℃以上) すべての生活活動で起こる危険性 高齢者においては安静状態でも発生する危険性が大きい。
外出はなるべく避け、涼しい室内に移動する。
厳重警戒(28℃~31℃未満) 外出時は炎天下を避け、室内では室温の上昇に注意する。
警戒(25℃~28℃未満) 中等度以上の生活活動で起こる危険性 運動や激しい作業をする際は定期的に十分に休息を取り入れる。
注意(25℃未満) 強い生活活動で起こる危険性 一般に危険性は少ないが激しい運動や重労働時には発生する危険性がある。


注:ここでのWBGTはその日の最高気温と湿度から推定されるもの(日常生活における熱中症予防指針。Ver.1。日生気誌2008:45:34-42より引用)

 高齢者は体温調節機能の低下などにより日常生活の中でも熱中症を発症するケースが増えています。高齢者は就寝時に冷房を使用しない場合が多いですが、近年は日中だけでなく夜間の気温も高い日が増え、住宅の高気密・高断熱化も進んでおり、冷房を使用しないと室温は30℃に達する場合があり危険です。
乳幼児は口渇感など体の異常をおとなに訴えることができずに症状が進む場合があります。

Q.もし熱中症なってしまったらどうすればよいですか。


山本クリニック 院長:山本雅康先生
熱中症予防には「日頃から体調を整えておく
ことが大切。」とおっしゃっていました。

 Ⅰ度熱中症の場合は涼しいところで横になって安静にし、意識がはっきりしていればスポーツドリンクやレモン水などで水分補給します。ただし症状に改善が見られない場合は医療機関を受診して下さい。
Ⅱ度熱中症、Ⅲ度熱中症の場合は迷わずに救急車を呼んで下さい。救急車が到着するまでは涼しいところで安静にし、適度に体を冷却して下さい。
ごく初期の症状として「食欲がない」「暑いところでも汗が出ない」といった症状があります。これらの症状が見られた場合も涼しいところで寝かせ、脇の下や足の付け根を冷やし、水分と塩分を取らせます。

Q.熱中症にならないためにはどうすればよいですか。


直射日光が当たらないよう首筋をガード

 熱中症を防ぐには水分補給だけでなく、日頃から睡眠や休息をしっかり取り、一日3食の食事を食べて体調を整えておくことが重要です。
熱中症の危険がある環境で作業しなくてはならない場合は、次の点に気を付けて下さい。
直射日光の当たる場所では大きな血管が通っている首筋が直射日光にさらされ、体温が上昇しやすくなります。帽子をかぶる時は野球帽のような帽子ではなく、後ろ側にもツバのある麦わら帽子などをかぶって直射日光を防いで下さい。首にタオルなどを巻いておくのも効果的です。
屋外、室内に限らず服が汗で濡れたままの状態だと体がそれ以上汗をかくことができなくなり体温の上昇を招きます。汗で濡れた服はこまめに着替えるようにしましょう。
乳幼児の場合は自分で対処することが難しいため保護者の方が注意深く観察してあげることが大切です。ごく初期の「食欲がない」「暑いところでも汗が出ない」といった症状を見逃さず、早目に「水分を取らせる」、「涼しいところに移動する」といった対処をしてあげて下さい。

▲このページのトップへ
Copyright © 2015 JA Minaho.All Rights Reserved.