気象変動に強い米づくりには、土台となる土づくりが欠かせません。来年の米づくりに向けて秋耕の実施、有機物やケイ酸質資材の施用に努め、土づくりをしっかり行いましょう。

【秋耕の実施】

 秋耕はなるべく地温の高い10月中に行いましょう。地温の高い間は微生物の活動が盛んで、すき込まれた稲わらの分解が促進されます。
耕起は有機物や資材を混ぜ込むだけでなく、土中に酸素を取り込ませる役割も果たします。土中で酸素を十分に得た微生物は活発に活動し、稲わらなど有機物の分解を早めます。
秋耕で稲わらが十分分解されていれば、来年の田植え以降のワキ(硫化水素)発生を抑えることができ、初期生育の確保がしやすくなります。
耕起は秋・春の2回行うことで、より深く起こすことができ、根域の確保につながります。雑草対策、ニカメイチュウ対策にもなりますので積極的に行いましょう。

【有機物の施用】

 ケイフンや牛ふん堆肥などの有機質資材は土壌の浸水性、保水性、通気性を良くし、保肥力を高めるとともに微生物の増加を促し、地力を高めますので積極的に施用しましょう。

【ケイ酸質資材の施用】

ケイカル連用(赤)と無施用(青)の比較

 ケイ酸質資材によるケイ酸分の補給は水稲の病気や倒伏の予防に強く働きます。土壌中のケイ酸成分は資材の施用を中断すると急速に低下しますので、施用は継続的に実施しましょう。

土づくり資材の施用基準(10アールあたり)
資材名/時期 秋施用 春施用
ケイ酸石灰 160キログラム
シリカロマン 120キログラム
こめこめ大地 120キログラム
ケイフン 150キログラム 75キログラム
牛ふん堆肥 2トン 1トン

 

 秋耕後は施用した有機物やケイ酸質資材の効果が十分発揮されるよう、排水溝を設置するなどして圃場の水はけを良くしておきましょう。


▲このページのトップへ
Copyright © 2015 JA Minaho.All Rights Reserved.