地場産調味料でおいしく地産地消


JAみな穂代表理事組合長
細田 勝二

新年のご挨拶

 新年あけましておめでとうございます。組合員の皆様には素晴らしい新年を迎えられたことと心からお喜び申し上げます。
さて、農業、そしてJAをとりまく環境は改正農協法の成立やTPP交渉が大筋合意に至るなど、まさに多難な情勢を迎えております。


2年連続で一等米比率95%以上を達成した
管内のコシヒカリ

そのような中でも、昨年の管内コシヒカリ一等米比率が98.2パーセントと2年連続で目標の95パーセント以上を達成することができましたことは管内農業の将来に希望をもたらすものと感じております。これもひとえに生産者の皆様の努力の継続が実ったものと考えており、深く感謝する次第であります。日本穀物検定協会が毎年発表している米の食味ランキングでも昨年、富山県の26年産コシヒカリが13年ぶりの「特A」に格付けされました。「みな穂米」の知名度向上に向けて追い風になるものと考えており、27年産米についても「特A」にランキングされることを願っているところです。
今後も「みな穂米」として管内コシヒカリのブランド化を進め、農家所得の向上に少しでもお役に立ちたいと考えております。

守られなかった国会決議

 TPPにつきましては昨年10月に米国アトランタで開かれたTPP閣僚会合で遂に大筋合意がなされました。
安倍総理は重要5品目の合意内容について「関税撤廃の例外をしっかりと確保することができた。」と誇っていますが、実際の合意内容は我々の願いとはかけ離れたものとなっています。関税の大幅削減、特別輸入枠の新設などで重要5品目はかつてない高い水準で解放されることとなり、重要品目以外の農林水産物では約81パーセントの品目が、野菜ではすべての関税が撤廃されることになります。
今後は政府に合意内容の詳細な説明と国会決議との整合性を精査することを求めるとともに現在、国会で議論されているTPP国内対策の内容についても再生産可能な経営安定対策の確立を求めて行かなければならないと考えています。

自己改革を加速



地域の高齢者などを支援するあいさい便(下)と送迎車(上)

 昨年8月には改正農協法が成立し、JAは「農業所得の増大に最大限の配慮」することが義務付けられました。当JAではすでに「プラスワン大作戦」の取り組みや「黒豆茶」「みな穂の雫」ウコン関連商品など地場産農産物を活用した商品開発、農産物販売加工施設「みな穂あいさい広場」のオープンなど農家所得の増大には力を入れてきましたが、今後は改正農協法に関連して徐々に策定されていく政省令等を注視しながら農家所得の増大を目指してさらに努力・工夫を重ねていかなければならないと考えております。
また、准組合員の利用規制について今回は見送られましたが、4年後には再び議題に上がることは避けられない情勢にあります。准組合員の利用規制は地域社会の崩壊につながりかねない大変危険なものです。我々はJAと地域社会の関わりが密接で必要不可欠なものであることを事業活動やPR活動を通して訴えていかなければならないと考えています。

地域社会の活性化

 地域社会に目を向けますと、北陸新幹線が開業し、県内への注目度や人の流れも大きく変わりつつあります。しかし、管内両町は依然として人口減少と高齢化の問題に直面しています。全国から注目が集まる今、魅力ある農業を発信し、農業・JAのファンづくりを行うとともに将来の担い手づくりにも力を入れていかなければならないと考えております。また、まちづくり、雇用創出にも積極的にかかわり、人口の流出に歯止めをかけることも我々JAの大切な役目ではないかと考えています。
今年も役職員一丸となって地域農業・農協の発展に努めていく所存でありますので、組合員の皆様のご指導ご鞭撻を心からお願い申し上げます。
結びにあたり、組合員の皆様のご健勝、ご活躍をお祈りいたしまして年頭のご挨拶とさせていただきます。

初春のおよろこびを申し上げます
平成二十八年 元旦

代表理事組合長 細田 勝二   
専務理事 酒井 良博    理事 広瀬 由友
常務理事 大村 隆一   理事 大角 俊信
理事 大澤 輝夫   理事 辰尻 幸彦
理事 永田 治幸   理事 杉田 美紀子
理事 紺田 与規一   理事 中島 憲一
理事 廣田  誼   代表監事 青木 英雄
理事 谷口 忠勝   員外監事 岩井 哲雄
理事 長谷 一司   監事 高島 幹夫
理事 小路 正三   常勤監事 塚田 敏郎
理事 住吉 一久   監事 小川 静人
理事 西川 信一   監事 小澤 政憲
理事 永口 正男   参与 鍋嶋 慎一郎
理事 大井 恵子   職員一同

▲このページのトップへ
Copyright © 2016 JA Minaho.All Rights Reserved.