ショウガは薬味や香辛料など料理に幅広く利用でき、生薬としても長い間利用され続けています。あれば重宝すること間違いなしのショウガを栽培して「あいさい広場」に出品しましょう!

畑の準備

 ショウガは乾燥に弱いですが、水はけが悪いと病気が増加します。水はけの良い圃場を選びましょう。ジャガイモとは相性が悪いのでジャガイモの後作は避けて下さい。

・苦土石灰
植え付けの2週間ほど前に苦土石灰を1平方メートルあたり100グラムまき、深さ30センチ程度によく耕す。
・施肥
植え付け1週間前に1平方メートルあたり堆肥3000グラムと化成肥料100グラムをまき、よく耕します。
・うねたて
幅60~80センチ、高さ15センチのうねを立てます。

植え付け

 種ショウガを用意します。大きなものは40~ 60 グラムに分割して切り口を乾かしておきます。暖かいところであらかじめ芽出しをしておくと植え付け後の生育が早まります。

・植え穴の準備
うねの真ん中に深さ10センチほどの溝を掘ります。

・植え付け
種ショウガを30~60センチ間隔で並べます。向きはうねに対して縦方向にし、芽が上を向くようにします。覆土は厚さ5~6センチにします。

栽培管理

・追肥・土寄せ
葉が2、3枚出たら化成肥料を1平方メートルあたり30~50グラムまき、中耕・土寄せを行います。1ヶ月後に同様の手法で2回目の追肥を行います。

・マルチング
1回目の土寄せの後、敷きわらや敷き草、段ボールなどでマルチングし乾燥を防ぎます。ただし、ジャガイモの茎葉は使用しないで下さい。

・水やり
土が乾いたら水をやりますが、やり過ぎると根腐れを起こすので注意しましょう。

収 穫

・葉が黄化してきたら収穫の合図です。気温が10℃を下回ると腐り始めますのでそれまでに収穫を終えましょう。
茎が2、3本出た頃には、茎を葉ショウガとしても楽しむことができます。


PAGE TOP

メニュー