4月14日(木)の「平成28年(2016年)熊本地震では約50人の方が亡くなり、多くの建物が甚大な被害を受けました。管内においては4月17日(日)に発達した低気圧の影響で暴風が吹き荒れ、ビニールハウスや家屋に被害が相次ぎました。
災害はいつ起こるか分かりません。いざというときに頼りになるのがJA共済です。

自然災害に強い建物 更生共済「むてき」

 JAの建物更生共済は火災だけでなく、台風・暴風雨・洪水・竜巻・ひょう・大雪・地震・津波・火山の噴火などの自然災害による損害を幅広く保障します。

自然災害を幅広く保障

 

暴風被害も充実保障

 4月17日(日)の暴風では家屋にも相当の被害がありました。建物更生共済は住宅本体以外にも敷地内の小屋や塀、カーポートなどの補償も可能です。今回の暴風で敷地内のポンプ小屋がまるごと飛ばされてしまった場合では…

暴風被害の<支払例>

ハウスの損害は…

 富山県農業共済組合の園芸施設共済にご加入の場合、自然災害・火事・地震などによるビニー
ルハウス・ガラス室・雨よけハウス・多目的ネットハウスなどの被害が支払いの対象になります。
くわしくは富山県農業共済組合 新川地域農業共済センターにお問い合わせください。
電話番号 72-0377

PAGE TOP

メニュー