登熟期の水管理

・白未熟、胴割粒に注意

 水稲の登熟期を迎えています。8月中は「晴天が多く、気温の高い日が多い。」と予報されており、白未熟粒や胴割粒の発生が予想されます。適正な水管理を行い、被害粒の発生を防ぎましょう。

・こまめな入れ替えを

 出穂から20日間は田面が水面から出ないよう湛水状態を保つことが重要です。晴天が続き、水温が上がり過ぎる場合は水をこまめに入れ替えましょう。

・水分を確保

 出穂から20日を過ぎた頃から刈取りの5~7日前までは湛水管理から間断かん水に切り替え適正な水分を確保し、胴割粒の発生を抑えましょう。
フェーン現象などで高温が予想される場合は事前に2、3センチ入水して高温に備えて下さい。

適期の刈取りを

 刈取り適期を判断する目安は籾黄化率です。全体の籾黄化率が85~90%になった頃が刈取り適期です。ただし9月に入っても高温が続くようであれば胴割粒の発生を抑えるため籾黄化率80%程度で刈取りを始めて下さい。

9月も高温なら黄化率80%で刈取り

PAGE TOP

メニュー