11月17日 ふれあい給食、感謝祭

給食余さず食べて

児童と会話を楽しむ酒井専務

 管内小中学校で給食や学校田などでお世話になった人たちを招待した「ふれあい給食」「感謝祭」が行われました。17日は桃李小学校で「ふれあい給食」が行われ、JAの酒井良博専務理事、入善町農業公社の職員らが招待されました。
 児童らと給食を味わった酒井専務は「栄養バランスをよく考えた献立になっている。旬の野菜も使っていて、皆さんの成長にはピッタリなので余さず食べてほしい。」と声をかけていました。

 

11月17日 熱戦ウォークベース

友の会会員、交流深める


ウォークベースボールを楽しむ会員ら

 入善町総合体育館で第11回JAみな穂組合長杯年金受給者友の会親睦ウォークベースボール大会が行われました。
 大会には朝日町からの3チームを含む29チームが参加し、会員相互の親睦を深めました。結果は以下のとおりです。
優勝 下上野Bチーム
次勝 吉原チーム
3位 木根Bチーム
4位 下上野Aチーム

 

11月20日 手打ちそば朝市で人気

限定の50杯完売

「みな穂のそば」を販売する青壮年部員ら

 JA青壮年部が「なないろ朝市」で手打ちそば「みな穂のそば」を販売しました。地元産のそば粉を使って部員が手打ちしたそばを1杯400円で販売、店頭には開店前から行列ができ用意した50杯は完売しました。
 「なないろ朝市」は朝日町の「なないろKAN」で毎年4月から12 月の毎週日曜日に開かれる朝市です。この日の朝市にはJAも出店し、「みな穂のさといも」を特別価格で販売しました。

 

11月21日 谷口さん緑白綬有功章

受章をJAに報告


受章報告に訪れた谷口さん

 入善町椚山の谷口一男さんが大日本農会の緑白綬有功章を受章されました。
 受章の報告にJAを訪れた谷口さんは「これまでやって来られたのは妻の支えがあってこそ。今後も農業・畜産振興に努めたい」と抱負を語られました。
 谷口さんは地域の酪農家と連携し交雑種主体の大規模肥育経営を実現するとともに、富山市にある直営レストランで自家産牛肉と米を使用し、地産地消を推進しておられます。

 

11月24日 「さん俵」編み方教室

新規栽培者が苦闘

「さん俵」の編み方を学ぶ新規栽培者

 入善ジャンボ西瓜のチャレンジ栽培に参加して来年から本格栽培に取り組むことを決めた小摺戸地区の松原玄さんと(株)Stay goldてらだファームの寺田晴美代表の2人が「さん俵」の編み方を学びました。
 入善町ジャンボ西瓜生産組合の嶋先良昭組合長がまず編み方の手本を見せた後、2人は実際に「さん俵」編みを体験しましたが「細かい作業が苦手で相当練習しないといけない。」「途中で指が痛くなる。必要な枚数を揃えられるか心配。」と悪戦苦闘している様子でした。

 

11月26日 創立10周年記念

JA青壮年部

あいさつする青壮年部の鍋嶋委員長

 JAみな穂青壮年部が入善まちなか交流施設「うるおい館」で創立10周年記念式典を開きました。
 式典にはJAの細田勝二組合長、宮腰光寛衆議院議員、山田俊男・藤木眞也参議院議員、笹島春人・笹原靖直両町長、鹿熊正一・上田英俊両県議らが出席、久木留 毅ハイパフォーマンス戦略部長兼国立スポーツ科学センター副センター長が記念講演を行いました。
 青壮年部の鍋嶋慎一郎委員長は「今後も盟友らと力を合わせて地域農業・日本農業を支え、地域に貢献していきたい。」とあいさつしました。

 

11月27日 古黒部基盤整備完工


記念式典で祝辞を述べられる石井知事

式典に石井知事ら出席

 古黒部地区公民館広場で同地区の県営経営体育成基盤整備事業の完工記念式典が行われました。式典には記念碑に揮毫した石井隆一富山県知事のほか鹿熊正一・上田英俊県議会議員、笹島春人入善町長、JAの細田勝二組合長ら関係者約50人が参加し完工を祝いました。
 同事業は平成16年から11年かけて完成、110.4haの圃場を1筆1haの大区画圃場に整備しました。同地区の2つの農事組合法人「ひまわり」と「ほたる」が水稲・大麦や大豆を栽培して農業を営んでおられます。


 

11月27日 農事組合法人「小杉」誕生

高品質米の生産目指す

就任のあいさつをする上野組合長

 入善町の小杉公民館で農事組合法人「小杉」の設立総会が行われました。
 組合員数は16戸、圃場面積は約14haで高品質米の生産に取り組まれます。
 理事の互選で初代の組合長に就任した上野友行さんは就任のあいさつで「同地区は米づくりの得意な人が多い。さらに高品質を目指してブランド化につなげたい。また同組合の活動を通して地域の絆を深めて行きたい。」と抱負を語られました。

 

PAGE TOP

メニュー