適正な水管理で早期の有効茎確保を

活着期

田植後の水管理は植傷みを防ぎ、保温効果を高めるため、やや深水に湛水しましょう。ただし、急激なかん水は浅植えの苗を浮苗にする恐れがあるので、ゆるやかにかん水するとともに苗が水没しないように注意しましょう。
温かい日中は浅水にして地温を高め、発根を促しましょう。低温時は浅水や落水を避け、地温の低下を防ぎましょう。

分げつ期

分げつ期は浅水管理で水温、地温の上昇に努め、イネの初期生育促進を図りましょう。また、分げつは昼夜の水温較差が大きいと促進されるので昼夜止水、朝夕かんがいで有効茎数の早期確保に努めましょう。

除草剤

田植時期を繰り下げたことで雑草の成長も以前より旺盛な時期になっています。除草剤の散布は遅れずに行いましょう。
散布前は水田にたっぷり入水し、散布後7日間は落水やかけ流しをしないよう注意します。田面の均平や畦畔からの漏水防止に努め、除草効果を持続させます。極端な漏水田は水尻を止めたままゆっくりと差し水をしましょう。

中干し

中干しは田植後1ヵ月を目安に始め、3日~5日間隔で実施しましょう。田面に小さなひび割れが入り、長靴の跡がつく程度を目安とし、茎数が多く乾きにくい圃場はやや強めに、茎数が少なく乾きやすい圃場では一度に干し上げないようにしましょう。


PAGE TOP

メニュー