夏まきのニンジン

ニンジンはせり科の野菜で、ビタミンA(カロチン)・ビタミンC・カリウム・カルシウム・食物繊維を含む野菜です。夏まきのニンジンは春まきに比べ病害虫の被害も少なく、栽培しやすいのが特徴です。

オススメ品種(年内採り)向陽二号、黒田五寸など

①畑の準備

種まきの2週間前に苦土石灰を1㎡あたり150g散布し、深さ30cmくらいまで耕しましょう。種まきの1週間前に堆肥を1㎡あたり2kg、化成肥料を150g散布し土とよく混ぜ合せます。その後、幅60cm、高さ10cm程度の畝を立てましょう。

②種まき

畝に深さ1cmのまき溝を作り、1cm間隔で植えましょう。2条植えで条間は20cm~40cmにしましょう。5mm程度に覆土し、土を手で軽く押さえましょう。発芽までに畝に不織布をかけ、上からたっぷり潅水すると発芽揃いが良くなります。

③間引き


2回目:なるべく生育の良い株を残しましょう。
3回目:不要な苗を根元から抜き取りましょ。

1回目の間引きは本葉が1、2枚になった頃行い、株間2cm程度にしましょう。2回目の間引きは本葉が3、4枚になった頃行い、株間を3、4cm程度にしましょう。3回目の間引きは本葉が5、6枚になった頃行い、株間を10cm程度確保し、1本立てにしましょう。


④追肥、土寄せ

追肥は2回目の間引きの後に化成肥料を1株あたり3~5g施肥しましょう。株元にまいて周辺の土と軽く混ぜ合せ、土を株元に寄せておきましょう。ニンジンは他の野菜と比べ与える肥料が多いので、雑草が発生しやすいです。順調な生育確保のためにも早めの処理を心がけましょう。

⑤収穫

大きく育ったものから順次収穫しましょう。土から露出している根の上部が4、5cmになった頃が収穫適期です。判断できない時は、何本か抜いて大きさを確認しましょう。収穫が遅れると大きくなりすぎて根が割裂する場合があるので、収穫適期を逃さないようにしましょう。

土寄せをすることで圃場の排水性が向上し、青首も防止できます。土寄せをする際、ニンジンの生長点が埋まらないように注意しましょう。

 

PAGE TOP

メニュー