このゆびとまれ

団体名:木根ウォークベースボールクラブ
部員数:21人(現在のメンバーは平成20年に加入)
活動日:毎週月曜日(木根神社境内)
    毎週水曜日(広域働く婦人の家)
活動内容:ウォークベースボールの練習、JA組合長杯月1回の大会(5~11月)参加


大会に向けみんなで技術を磨きます

ずっと仲良く公平に

 ウォークベースボール発祥を機に発足し、世代交代を繰り返しながら長年活動を続けています。現メンバーも地区の先輩方からの誘いがきっかけでクラブの活動に参加するなど、木根地区の人にとって大切な交流の場となっています。
 毎週「広域働く婦人の家」にお菓子やおつまみを持ち寄り、メンバー全員で和気あいあいと練習しています。「みんなが公平であること」をモットーにしているので、大会に出場するメンバーや打順は毎回くじ引きで決めています。審判や記録係も順番に担当しているので、これまでケンカすることなく楽しく活動を続けてきました。
 ウォークベースボールの魅力をより多くの人に知ってもらうために、木根神社境内での練習はメンバー以外の方も参加できるようにしています。ウォークベースボールは体力を使わずにプレーできる「ちょうど良いスポーツ」なので、高齢の方や足腰の悪い方も一緒に楽しんでいます。
 今後もウォークベースボールの魅力を伝えながら、ずっと仲良く公平に活動を続けていきたいです。


元気はつらつ

プロの舞台で活躍を

新川高等学校
横山地区 迅也さん(18歳)

 昨年11月のドラフト会議で野球の独立リーグ「四国アイランドリーグplus」の「徳島インディゴソックス」から指名をいただき、春からチームの一員としてプレーすることが決まりました。
 小学校3年生のときに両親の勧めで野球を始め、小学校5年生から投手としてプレーしています。得意な球種の「直球」に磨きをかけるためトレーニングに励み、昨年の春までは最速138キロだった球速を最速143キロまで伸ばすことができました。
 野球の魅力は「チーム全員で戦うこと」で、これまでチームの仲間とともに勝利を目指し過ごしてきた日々は一生の宝物です。
 今後は球速アップや変化球のキレに磨きをかけ、2~3年以内にプロ野球でプレーできるよう努力を重ねていきます。


すまいる

笹川地区 歌って踊るの大好き


千尋くん(1才)

三史朗さん・三枝さんの長男

 歌に合わせて踊るのが大好きな千尋。リズムにのって跳ねてみたり「ばぁ!」と歌ってみたりしてわたしたちを笑わせてくれます★最近は家族やテレビの真似っこに忙しそうです♪これからも元気いっぱい大きくなってね!

飯野地区 散歩と音楽が大好き

凛緒ちゃん(1才)

祐輔さん・奈都季さんの長女

 最近歩けるようになり、外で散歩するのが大好きな凛緒。外に行けない時は家の中を走り回っています。音楽も大好きで、一緒に手拍子やタンバリンをリズム良く叩いて遊んでいます♪これからもたくさん遊ぼうね★


PAGE TOP

メニュー