所得の申告時期となりました。申告期限の直前になって慌てることがないよう農業収支の計算を早めに準備し、正しく申告しましょう。
また、この機会に経営分析を行い、今後の経営に役立てましょう。

申告期間:平成30年2月16日(金)~3月15日(木)

農業所得の計算

白色申告
農業収入-必要経費-事業専従者控除額=農業所得

青色申告
農業収入-必要経費-青色事業専従者給与額-青色申告特別控除額=農業所得

農業収入

【販売金額】
米やくず米など農産物の販売金額を計算します。JAへの出荷分は下記の表①、表②を参考に計上してください。
【家事・事業消費金額】
保有米や縁故米、地代として渡した米などを表①の単価を参考に計上してください。
【雑収入】
農業に関するその他の収入を計上します。
・農業関係の交付金(右の表③を参考)
・営農組合等からの農作業労賃、作業委託料、受け取り年貢

必要経費

【小作料・賃借料】
小作料や作業の委託料を計上します。
・無人ヘリコプター農薬散布代金 ・作業委託料(耕起、田植え、稲刈り、乾燥等) ・支払い年貢 など
【租税公課】
農業関係の税金や拠出金などを計上します。
拠出金・地域営農とも補償拠出金 ・賦課金 など

税 金・田の固定資産 ・農機具の軽自動車税 ・生産組合などの会費(町内会費や万雑は除く) など

税金(農業での使用割合により按分)
・農業用施設等の固定資産 ・軽自動車税 ・任意保険 ・車検 など

【種苗費・肥料費・農薬衛生費】
販売した農産物の生産に使用した代金を計上します。(※家庭菜園で使用したものは除きます。)
・育苗組合等に支払った苗代 ・播種にかかった種もみや床土などの代金 ・生産に使用した肥料や農薬代 など
【諸材料費】
生産に使用した細かい資材や道具の代金を計上します。
・育苗箱や波板、ハウスのビニール、鎌、ジョウロ、米の紙袋 など
【動力光熱費】
農業に使用した電気代や燃料代などを計上します。
・軽自動車のガソリン代(農業での使用割合で按分) ・乾燥機の電気や燃料代 ・刈払機等の混合油代 など
【修繕費】
農業に関する機械などの修繕費を計上します。1回の修繕で60万円を超えた場合は減価償却の対象となります。
【雑費】
農業に関するその他の諸経費を計上します。
・JA営農取引報告書の利用代金 ・農業労災保険の掛金 ・農業新聞等の購読料 など
【減価償却費】
10万円以上で購入した農業関係の機械や施設などは、その年のみで全額必要経費として計上せず、減価償却により定められた年数にわたり必要経費とします。


PAGE TOP

メニュー