「密苗」ってなに?

「密苗」栽培とは、水稲栽培の低コスト化・省力化を実現できる栽培技術です。通常は種籾を育苗箱1箱あたり100~150gで播種しますが、「密苗」栽培では育苗箱1箱あたり250~300gと高密度で播種します。これにより10アールあたりの使用箱数を慣行の約1/2~1/3にでき、育苗資材費や労力を低減することができます。また、収量や品質が慣行栽培とほとんど変わらないので、近年注目を集めています。

慣行の播種作業


1箱あたり100~150g

「密苗」の播種作業


1箱あたり250~300g

「密苗」のメリット

①育苗箱数の低減  慣行の約1/2~1/3
②播種・苗運搬時間の短縮  慣行の約1/2~1/3
③育苗資材費の低減(育苗箱、培土、ハウス資材等) 慣行の約1/2

低コスト化・省力化の実現

「密苗」栽培の主な注意点

・欠株を防ぐため、育苗箱にムラなく均一に播種する(密播に対応した播種機が必要)
・苗が徒長しやすいので、育苗ハウス内の温度管理に注意する
・ムレ苗などの発生を防ぐため、慣行の苗よりも育苗日数を短くする
・田植え時に育苗箱からかき取る面積が慣行よりも小さいので、「密苗仕様」の田植機が必要となる
・育苗箱施用剤は規定量(1箱あたり50gまで)を超えて施用できないので、「密苗」では慣行通りの効果が得られない場合があります。側条施薬機の利用や本田での防除を行いましょう

「密苗」を導入している生産者の声

(株)いただきます 南部一成 代表

昨年から「密苗」栽培対応の播種機を導入し、「コシヒカリ」、「ミルキークイーン」、「てんこもり」の全量を「密苗」で栽培しています。
「密苗」の導入により育苗箱など資材コストの低減や作業の省力化を実現できましたが、慣行栽培とのギャップで作業が計画通りに進まず、苗が徒長してしまうなどの失敗も経験しました。
このような失敗を繰り返さないように「密苗」栽培の研究を重ね、作業体系を確立していきたいと思います。

蒼ファーム(株)田中智春 代表

昨年から「密苗」栽培を本格的に導入し、「富富富」(ふふふ)以外の水稲全面積を同技術で播種・育苗しています。同技術の導入前は、毎年ハウスの中が育苗箱でいっぱいになり困っていましたが、導入後は育苗箱を約半数まで減らすことができるようになりました。
「密苗」は育苗日数が短い分、徒長して老化苗になってしまうのも早いので、移植の計画をしっかりと立てて、育苗管理を徹底することが大切です。

(株)アグリライズ南保 藤澤ちひろ 代表

昨年から稲作の低コスト化・省力化を実現できる「密苗」栽培技術を導入し、全面積を同技術で栽培しています。導入前は親戚の方にも手伝ってもらい4人で行っていた田植作業が姉妹2人でこなせるまでに省力化できました。
「密苗」栽培は育苗ハウスの温度管理が重要なので、圃場モニタリングシステム「みどりクラウド」を育苗ハウス内に導入し、管理の徹底に努めています。

 

PAGE TOP

メニュー